ホーム事業案内TOPよくあるご質問

よくあるご質問

お客様からよく頂くご質問を掲載しております。
もし解決されないお客様はお問い合わせください。

  • お見積りについて
  • 積算について
  • 求人について

お見積りについて

  • 内訳書の書式は?
    各取引先様の内訳書サンプルに倣い、計上項目は勿論、内訳書書式も多種多様に対応させて頂いております。(エクセル・TDS・コンパス等)
  • 内訳書には金額も入れるのでしょうか?
    基本的には各取引先様にて金額を入れて頂いています。
    ただし、公共工事の場合等で各取引先様よりご依頼があった場合は刊行物等の公表単価で値入作業まで行います。
  • 内訳書はどの様に作成するのでしょうか?
    弊社で開発した積算ソフトのENシステムGRで積算した細目・数量を内訳の形まで編集し、各取引先様の内訳書サンプルに変換して、作成致します。

このページの上部へ

積算について

  • 鉄骨積算はどの様に行いますか?
    市販の積算ソフトを使用しております。
    部材リスト(柱・梁等)の情報を入力し、図面を描くようなイメージで部材を配置していきます。
    入力が終わり計算をかけると自動集計され鋼材毎の集計表が出来ます。
  • 積算をする上で拾い方の決まりはあるのですか?
    決まりがございます。
    建築コスト管理システム研究所が発行している建築数量積算基準・同解説に基づいて積算しています。
  • 積算に資格はあるのですか?
    あります。
    日本建築積算協会より建築積算士、建築積算士補、建築コスト管理士の資格が与えられます。
  • 建築積算とは、建物のどこまで積算するのですか?
    まず、骨組みとなる構造。これにはコンクリート造、鉄骨造など数種類あります。
    次に目に見える仕上。これは建物を外側から見える範囲の外部仕上、内側から見た範囲の内部仕上、建具の3セクションに分かれます。
    そして外構。これは敷地内から建物を引いた残りの部分です。主に駐車場、植栽などがあります。
    以上の構造、仕上(外部、内部、建具)、外構の5セクションに分かれて建築工事の範囲全てを積算しています。
  • 仕上積算について重要な事はなんでしょうか?
    実際に目に見える仕上材(石貼、フローリング、ビニールクロス等)は分かりやすいのですが、それらの下地はどう納まっているのか、どのような工法が使われているのか。という部分を経験を積んで覚えることが重要ではないでしょうか。
    実際に設計図に下地のことまで全て記載されていない場合が多いので、不明な点を自己の技術力で設定しています。そういう時こそ建築積算士としての腕の見せ所です。
  • 躯体の積算についてですが、積算基準以外の基準でも対応していただけますか?
    もちろんです。
    様々なニーズにお答えできるよう積算ソフト及び技術面での研究及び対応を致しております。
  • 建築積算ってどういう事をするのですか?
    建築積算とは、企画書や設計図などから、必要な工事を洗い出し、各工事に必要な数量を計測しその数量を元に内訳書を作成しております。

このページの上部へ

求人について

  • 一人前になるまで、どのくらいかかりますか?
    業務を構造、外部、内部、建具、外構の5セクションに大別します。
    その内の1セクションで、図面から積算数量を正しく手順通りに算出できるまでに、1年程度を目安としております。
  • この仕事のやりがいは?
    積算業務は地域を限定せずに全国が対象となります。
    地図や歴史に残るようなドームやテレビで紹介されるほどのビルに携わると、この仕事をやっていて良かったと誇りに思えますし、新たな案件に立ち向かっていく勇気も湧いてきます。
  • 転勤はありますか?
    新支店開設や業務拡大の際には、転勤の可能性があります。
    しかし、生活環境が変わることで家族や本人のメンタルな部分が問題になると仕事にも影響しますので、基本的には本人の意思を尊重します。
  • 会社の行事はどのようなものがありますか?
    社員総会、社員旅行やゴルフ同好会・BBQ等の親睦行事を行っており、皆がやりたい事を積極的に行っています。
    各拠点間の親睦を深めるためにも全社的な行事も行っていきたいと考えています。
  • 今、活躍されているスタッフの前職は?
    建築や土木の施工管理又は設計などの建築経験者が半数程度、その他は全くの異業種です。(営業、サービス、エンジニアなど)
  • 仕事上で求められるスキルは何ですか?
    相手が求めていることをきちんと理解するヒアリング力、自分の言葉で伝えられるコミュニケーション力、見たものを正しくデータ化する正確さとスピードなどです。
    しかし、最も重要なのは“勤勉さ”と“情熱”です。
  • 新入社員研修はどのくらいの期間で行っていますか。
    中途採用の社員は約1ヶ月程度の研修を行い、先輩社員とのマンツーマンで作業に当たります。新卒の新入社員 は約9ヶ月間の研修期間を設けて指導を行っています。
  • お見積りについて
  • 積算について
  • 求人について

事業案内|Service

  • 事業案内
  • 当社の積算ソフトについて
  • よくあるご質問

採用情報|あなたの積算技術が明日の日本を支える。